ライブハウスでの縮図!

私は超が付くほどのビジュアル系バンドのファンです。

マイナーバンドからメジャーバンドまで幅広く大好きなのですが、

中でもマイナーバンドのライブには足繁く通っていました。



やはり、マイナーなバンドはインディーズなので好きな事をしてくれるので面白さがあるんですね。

しかもライブと言っても小さなライブハウスでの公演がほとんどなので

近くで見れるのが醍醐味です。

しかし、サブカルチャー系のファンの中での上下関係はとても厳しく、

出待ち入り待ちなどとてもしにくかったのを覚えています。

どこにでもいる仕切りたがりのファンの人はライブハウスでもものすごく怖かったです。

まだ開演していないステージに腰を掛けたり、自分の好きではないバンドの時は

無表情などなかなかの強者が勢揃いしていました。



しかし、そういったファンだけではなく

仲良くなって情報交換、オフ会など一緒に楽しめる人もたくさんいました。

小さいライブハウスだからこそこういった甘かったり、苦かったりする思い出が出来るのかなと思っています。


ライブハウスへ行ってきました


昨日は、楽しい週末を過ごすためにライブハウスへと行ってきました。

好きなロックバンドが家から一時間くらいのライブハウスまで来ていたので行くしかないと思い、あまり慣れていないライブハウスへドキドキしながら行ってきました。



ライブハウスといえばお酒を飲むというイメージがあったり、なんとなく敷居が高そうなイメージがあったのですが、実際にはとても楽しくて安全な場所であること体感しました。

押し合いへし合いなら小柄な私は辛いなと思いながら言ったのですが、実際には押し合いへし合いなのは最前列の付近だけで、私がいた真ん中あたりの列では特に隣の人と密着したり、誰かとくっつくほど狭いといったこともなく普通に立てて、快適でした。



生で見るバンドや、生で聞く音楽は本当に良い物であるとライブハウスに言って実感しました。

好きなバンドを生で見ることが出来て心も癒やされましたし、とてつもなく興奮することが出来ました。

夢のような時間だったので、またライブハウスへ行きたいと強く思いました。

自由が丘 美容院

サブコンテンツ

このページの先頭へ